生まれ育った ふるさと 保土ケ谷 のために いそべ圭太 横浜市会議員(保土ケ谷区選出) 公式ホームページ

2017.07.31

横浜市長選挙の結果について

昨日投開票された横浜市長選挙は、現職で3期目を目指した林文子氏が当選しました。

「反カジノ」を主な争点にした新人2名に対して、2期8年の実績や市政の継続など、幅広く政策を訴えた現職の圧倒的な勝利でした。

林氏にはあらためて、373万人を超す全国一の基礎自治体である横浜市のかじ取りをこれからの4年間託すことになります。

ひとつのテーマだけでなく、子育て、教育、就労、介護、福祉、医療、インフラなど、様々な課題に向き合い、ひとつひとつ着実に成果を出していただくことを期待しています。

市会議員は、横浜市全体で86名が選出されます。(人口43,000人に1名)
(保土ケ谷区は5名選出=定数5)
しかしながら、市長は当然1名のみの選出です。

市会議員は複数名選出されるため、議会の内外で様々な政党会派の意見、幅広い民意を訴えることが出来ますが、市長はひとりです。

市長は、支持をされた有権者の方々だけでなく、支持をしなかった、他の候補者に一票を投じた有権者の方々の市長でもあります。

市長は、これから掲げた政策を実行に移していきます。

絶対に、これだという正解がなかなかない時代、多様な考え方、意見の中で、政治は答えを出さなければなりません。
様々な議論を尽くしたのち、最後は多数決で物事を決めていくわけですが、373万人すべての市長、トップとしての手腕を期待していますし、ひとりひとりの声を大切に市政運営していただきたいと思います。

林市長とは、6年3ヶ月に渡り是々非々のスタンスで議論して来ました。
時には反対の姿勢を明確にして議論を交わしたり、時には政策提案を受け入れていただいたりと、様々な議論を交わして来ました。

私の残りの任期は1年9ヶ月となりました。
これからも是々非々のスタンスで臨んでまいります。

Tags: